3月2日に開催された「地域起業をとことん考えるアイデアソン」の2日目を3月23日に開催しました。

内容は、1日目は、地域で創業予定者3名の方の話を聞ききました。そして、自分が関わりたい!という方を選んでいただき、SWOT分析などのフレームワークで事業内容の理解を深め、アイデア出しを行いました。

2日目は、1日目に整理した事業内容やアイデアを元にして、
発表スライドにまとめてくる宿題が課せられました。
その発表会になります。

各チーム持ち時間20分、質疑応答10分、創業予定者のコメント10分で3チームが実施いたしました。

以下、写真レポートと発表資料になります。

 

Aチーム「「高齢者向けタブレット教室と3Dプリンタを使用したアクティブシニア向けモノづくり教室」

SONY DSC

「高齢者向けタブレット教室と3Dプリンタを使用したアクティブシニア向けモノづくり教室」についての
アイデアを発表するAさん

 

 

Bチーム「物語性のある伝統的なモノづくり職人が作った商品のネットショップ」

SONY DSC

「物語性のある伝統的なモノづくり職人が作った商品のネットショップ」
についてのアイデアを発表するTさん

 

Cチーム「出張リフレクソロジー&セルフケア事業」

20140324-193319.jpg

出張リフレクソロジーとセルフケア事業についてアイデア発表する田中さん

 

SONY DSC参加者のアイデアについてコメントする日野市で創業予定の宮崎紀世さん

 

宮崎さんはコメントで、「自分では見えていない部分への厳しい意見、励ましの意見、様々なアイディアを頂けて大変に勉強になりました。」と言っておりました。

20140324-193328.jpg
最後に皆様へご挨拶をする好齢ビジネスパートナーズ世話人の堀池喜一郎

 

この会から、本業しながら新たにプロボノをはじめたり、新たに起業する方が出てくるのが楽しみです。

好齢ビジネスパートナーズでは現役の地域参加の場を定期的に設けております。住んでるけど接点のない地域で何かしたい!空き時間を活用して副業的に地域に貢献できるようなビジネスがしたい!というような方は、月1で開催する”朝活”や数ヶ月に1回開催の三鷹現役プロフェッショナルカフェにお越しくださいませ。

 

—————————————

※初日レポートはこちら
[レポート]地域起業をとことん考えるアイデアソン(第6回三鷹・現役プロフェッショナルカフェ)を創業支援センターTAMAと開催

—————————————————-


新着のお知らせ

もっと読む